速報ヘッドライン

2017年05月25日

【ゲーム】「ぷよぷよ」製作者の栄光と没落。「ぷよぷよランド」を構想も、ぷよぷよの如く夢も会社もはじけ借金90億円★2

 

1: :2017/05/19(金) 12:01:50.25 ID:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000003-withnews-game

90年代を代表するゲーム「ぷよぷよ」をつくった伝説のゲームクリエーター
仁井谷正充さん(67)の半生は、平家物語のような栄華と没落のストーリーです。
        
ぷよぷよの爆発的ヒットで、40歳そこそこで売上高70億円のゲーム会社社長となった
仁井谷さんはいま、千葉・新松戸のアパートでこたつにくるまりながら、再起を期し
新たなゲーム作りに没頭しています。

「ただ春の夜の夢のごとし……」。会社の消滅は、まるでぷよぷよの「連鎖」のごとく、あっという間でした。

■ディズニーに対抗する「ぷよぷよランド」つくりたかった

「企画書の絵を描くのに1千万円ぐらいつかっている」

2DKのアパートの一室。こたつに入って話を聞いていると、おもむろに立ち上がった
仁井谷さんが資料ファイルから書類を持ち出してきました。A4で24枚、表紙には
「コンパイル・パーク開発計画」の文字。

ぷよぷよのキャラクターがドーム状の屋根を形作った建物が描かれています。
会社を、そして自身の人生を暗転させた「ぷよぷよランド」計画です。

歯車を狂わせたのは、社長だったゲーム制作会社「コンパイル」を総合エンタメ産業に
進出させるという大きな夢への着手でした。

「モデルはディズニー。アニメがあってディズニーランドがあり、そこに人々が集うように、
ゲームがあってぷよぷよランドがあり、そこに人が集まる。そんな壮大な夢だった」

地上10階建て。ジェットコースターや空中ブランコ、ゴーランド。巨大プールにフードコート、
カラオケボックス、物産館、ホテル客室……。

ありとあらゆるアミューズメントを詰め込んだテーマパークが、ぷよぷよランド構想でした。
建設予定地は幕張メッセがある海浜幕張駅。千葉マリンスタジアムに隣接する敷地で
「計画は行政側とは話はついていた。建設する手前まで進んでいた」そうです。

■経営拡大が裏目、資金ショートし破産

ぷよぷよランド構想に向け、仁井谷さんは会社経営を拡大しつづけます。100人足らずだった
従業員は408人に急増員。新作に巨額の宣伝費も投入しますが、ぷよぷよ以降、思うような
ヒット作が生まれません。

「そうこうしているうちに運転資金がショートした。簡単に言えば給料が払えなくなった」。

98年、地裁に和議申し立て。倒産です。負債総額75億円。
ゲーム会社の倒産としては当時桁違いでした。

倒産とともに仁井谷さんも自己破産。会社は再建を目指したもののかなわず。
ぷよぷよの知的財産権は売却しました。
20: :2017/05/19(金) 12:13:35.81 ID:
>>1
某ゲーム系専門学校で
同期の数人が秋ぐらいにコンパイルから内定を貰えて羨ましかったのを覚えてる。
他の連中が就職活動に奔走してるのにソイツ等は余裕をこいて遊び呆けていたが
翌年の2月だか3月だかのある朝
朝刊にコンパイル ヒット作も無いのに
新人を取り巻くって人件費がかさみ
会社更生法申請とかそんな内容に記事がのっていて驚いた。
ソイツ等はもちろん2月だか3月に突然内定取消を食らって呆然としていたよ。
まぁ何人かは可哀想だからと別企業が引き取りに名乗り出て就職にありつけたみたいだけど
今思えば凄い話だ。
47: :2017/05/19(金) 12:20:32.09 ID:
>>20
当時、コンパイルは、全員採用、不採用者ゼロ、みたいなことをやってた気がする。
889: :2017/05/19(金) 20:08:24.37 ID:
>>47
倒産した月にも求人誌にカラー広告出してたな。

続きを読む



houtou111 at 22:29コメント(0) この記事をクリップ!

2017年05月24日

【悲報】重税世界ランキング、日本2位

1: :2017/05/18(木) 07:12:46.09 ID:






https://www.generalheadlines.com/top-10-highest-tax-paying-countries-2015/


2: JAPAN
The technological developed nation of Japan is an island nation in East Asia which is Located in the Pacific Ocean known as Land of the Rising Sun.
Japan has world’s third-largest economy by nominal GDP and fifth largest exporter and largest importer in the world and ranked first in Country Brand Index.
The state is among the highest tax paying countries which applies corporate tax up to 38.01%, minimum individual tax 15%, maximum individual tax 50%, payroll tax 25.63% and 8% tax on consumption in terms of sales tax.


10: AUSTRIA
9: BELGIUM
8: NETHERLANDS
7: DENMARK
6: SWEDEN
5: IRELAND
4: FINLAND
3: UNITED KINGDOM
2: JAPAN
1: ARUBA
2: :2017/05/18(木) 07:15:20.00 ID:
>>1

外国人労働者や外国人実習生までもが、ゴイムヴィッツ収容所から逃亡する昨今です…。

ゼロリセットされるまでは、この社会システム終わりません。

カルト大魔界帝国もそろそろ本気で、出生率をあげるための移民政策&一夫多妻制を考える時期にきているのではないでしょうか・・・。
9: :2017/05/18(木) 07:18:27.02 ID:
何十年もそうやって
何で出て行かないんんだ?
>>1
94: :2017/05/18(木) 07:44:44.43 ID:
>>1
プライマリーバランスという企業論理を
国に持ち込めば、増税という無能ゆえの愚行に走るのは分かっていた事。
緊縮財政、増税で国民の所得は増えず経済規模も縮小。
どん詰まりだな(笑)

続きを読む



houtou111 at 17:01コメント(0) この記事をクリップ!

【経済】<GDP年2.2%増>暮らし実感薄く 節約志向依然根強く 「マイナス成長に転落する可能性も」[毎日新聞]

 

1: :2017/05/19(金) 07:02:08.71 ID:
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170518-00000142-mai-bus_all


2017年1~3月期GDPの特徴

 内閣府が18日発表した2017年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増(年率換算2.2%増)と5四半期連続でプラスとなった。個人消費の持ち直しが要因だが、消費者の節約志向は依然根強く、成長の力強いけん引役とはなっていない。海外経済もリスクが山積しており、頼みの外需も先行きは見通せない状況だ。【大久保渉、中島和哉、今村茜】

 「値引きしても、必要なモノしか買わないお客さんが増えている」。5月中旬、東京の下町・江東区にある砂町銀座商店街の八百屋「東宝青果」のベテラン店員、内田仁さん(56)はそう漏らした。レタスを3個100円で特売したが、客の反応はいまひとつだ。商店街で買い物をしていた近所のパート女性(51)は「大学生と高校生の子供の教育費の負担が大きい。給料は上がらないので切り詰めているが生活は苦しい」と明かす。

 今回のGDPでは、個人消費が0.4%増と、押し上げの立役者となった。だが、比較対象の16年10~12月期は、天候不順による野菜価格の高騰などで消費が振るわなかった時期。生鮮食品の価格高騰が落ち着いた今回は反動で増えた側面があり、力強い回復を裏付けたわけではない。人手不足で雇用情勢は改善しているが、足元では実質賃金が伸び悩んでおり、消費に結びついていないとみられる。

 家電量販店でも、最新の大型テレビが売れる一方、機能をそぎ落とした低価格品を買い求める客が多い。東京都千代田区のビックカメラ有楽町店を訪れたさいたま市の女性(70)は、「引っ越しを機に機能がシンプルで安い電子レンジに買い替えたい」と話した。

 消費者の厳しい懐事情を反映し、大手スーパーなどは一斉に生活必需品の値下げに踏み切っている。小売り大手のイオンは、4月から食料品など254点を平均10%値下げ。セブン-イレブン・ジャパンなど大手コンビニ3社も洗剤や歯ブラシなどの日用品価格を平均5%引き下げた。

 物価変動を反映させた1~3月期の名目GDPは0.03%減(年率換算0.1%減)と5四半期ぶりにマイナス圏に転落しており、デフレ再来の懸念も出始めている。

 ◇輸出先行き楽観できず

 景気回復を支えたもう一つの柱である輸出は、1~3月期は2.1%増と3四半期連続で高い伸びを記録した。海外経済の回復が追い風となっているが、先行きは楽観できない。

 日本企業が神経をとがらせるのは、保護貿易主義を掲げる米トランプ政権の動向だ。トヨタ自動車の永田理副社長は10日の決算記者会見で、「新政権の打ち出す通商政策、税制がどうなるか見通すのは大変難しい状況だ」と指摘。自動車などの輸入品に高関税を課そうとする米政権の動きに警戒感を示した。

 トランプ氏は、過度なドル高で米輸出産業の成長が阻害されてきたと繰り返し述べている。仮にトランプ氏が対日貿易赤字や為替相場の水準を問題視して円相場が円安から円高に転じれば、日本の輸出企業が大きな打撃を受けるのは避けられない。

 1~3月期の設備投資が0.2%増と伸び率を縮めたのも「世界経済の不透明感が増したことで企業が及び腰になったため」(経済官庁幹部)との見方も多い。

 農林中金総合研究所の南武志主席研究員は先行きについて、「保護貿易主義の台頭に加え、米利上げに伴う新興国からの資金流出リスクもある」と指摘。「輸出企業の業績が悪化すれば、設備投資や賃上げも抑制され、日本経済はマイナス成長に転落する可能性も否定できない」と話す。
30: :2017/05/19(金) 07:24:17.51 ID:
>>1
もちろん
1ドル90円前後でマイナス成長だろう
33: :2017/05/19(金) 07:28:13.93 ID:
>>30
1ドル75円でプラス成長だった民主政権とえらい違い
39: :2017/05/19(金) 07:37:33.63 ID:
>>33
プラス成長なんてしてねぇよ。リーマン後だからそう見えるだけで。

続きを読む



houtou111 at 16:13コメント(0) この記事をクリップ!

ページトップ