速報ヘッドライン

2016年12月27日

【貧困】いったい誰が!?。。日本の貧困化を拡大させているのか?1

1: :2016/12/26(月) 09:49:00.95 ID:
http://www.huffingtonpost.jp/tsuyoshi-inaba/poverty_discussion_b_13638518.html



参議院内閣委員会では、ギャンブル依存症対策を明示することなどの法案修正が行われましたが、
生活困窮者支援の現場においてギャンブル依存症に苦しむ人たちを何人も見てきた者として、
「対策をすれば、カジノを解禁してもよい」という主張はギャンブル依存症の怖さを全く理解していない言説だと言わざるをえません。

もう一方の年金カット法案も、将来にわたって高齢者の貧困を拡大させかねません。
今年3月に生活保護世帯に占める高齢者世帯の割合が初めて半数を超えました。その背景には、
増え続ける低年金・無年金の高齢者が生活保護に頼らざるをえないという状況があります。
その後も生活保護を申請する高齢者世帯は増え続け、全体の生活保護世帯数も過去最多を更新し続けています。

生活保護世帯の増加に対して、厚生労働省の担当者は「依然として、1人暮らしを中心に高齢者世帯の増加に
歯止めがかかっていない。高齢者が貧困に陥らないよう対策を検討していく必要がある」と
NHKの取材(今年12月7日のNHKニュース。ネットはリンク切れ)に答えていますが、
今回の年金カット法案は全く逆の方向を向いており、生活保護世帯の更なる増加を助長するものだと言えます。
このように、今国会における与党や日本維新の会の動きは、「政治が貧困問題の解決を遠ざけている」と言わざるを得ないものでした。

「左派と見られるのが怖い」症候群?
私が気になるのは、こうした政治の動きに対して、生活困窮者支援に関わっている人たちからの問題提起が少なくなっているのではないか、ということです。
拙著『貧困の現場から社会を変える』でも書きましたが、今年2016年は日本国内で貧困問題が
「再発見」されてから10年という節目の年になります。

※関連記事:日本社会で貧困が「再発見」されてから10年。貧困対策は進んだのか?
この10年間に、子どもの貧困対策法や生活困窮者自立支援法が制定され、貧困対策は徐々に制度化
されつつあります(後者に対しては私は批判的ですが)。
民間レベルでも、「子ども食堂」や貧困家庭の子どもへの学習支援が広がるなど、10年前に比べると、
広い意味で生活困窮者支援に関わる人の数は増えてきています。そのこと自体は歓迎すべきことだと思います。
私自身も、つくろい東京ファンドという団体で、「子ども食堂」や自前での住宅支援事業を展開しており、
目の前で困っている人たちを支える活動の重要性は充分に理解しているつもりです。
そうした民間レベルでの支援活動を広げるためには、時には行政機関と連携する必要もあり、
また企業も含めた幅広い人たちに活動を支持をしてもらう必要もあります。

しかし、貧困問題に関わる団体や個人が「幅広い支持」を求めるあまり、今の政治の動きに対して「まずい」
と思っていても沈黙をしてしまう、という傾向が生まれてはいないでしょうか。
カジノ法案や年金カット法案、生活保護基準の引き下げといった「政治的」な課題に対して意見を述べると、
自分たちの活動が色メガネで見られるようになり、支持が広がらなくなってしまうのではないか、と恐れてしまう。
「左派と見られるのが怖い」症候群とでも言うべき現象が広がりつつあるように、私には思えます。
政治が良くも悪くも貧困に対して現状維持の立場を取っているのであれば、国政の課題にはタッチせず、
目の前のことに集中する、という姿勢も有効かもしれません。
しかし残念ながら、今の政治が貧困を拡大させ続けているのは明白です。一人ひとりの生活困窮者を支えてい
く現場の努力を踏みにじるがごとき政治の動きに対して、内心、憤りを感じている関係者は多いのではないかと思います。
そうであれば、貧困の現場を知っている者として、社会に発信をしていくべきではないでしょうか。団体での発信は難しい
場合もあるかもしれませんが、個々人がSNSなどで意見を述べるのは自由なはずです。

貧困問題を本気で解決したいのであれば、「誰が貧困を拡大させているのか」という議論を避けて通ることはできないのです。
現場レベルで貧困対策を少しでも進めることと、将来にわたる貧困の拡大を防ぐために政治に物を申していくことは決して矛盾していません。
その両方に取り組んでいくことの重要性を改めて強調しておきたいと思います。
33: :2016/12/26(月) 10:03:27.10 ID:
>>1
おまいらが拡大させればいる
37: :2016/12/26(月) 10:04:19.46 ID:
>>1
おまいら
49: :2016/12/26(月) 10:09:31.99 ID:
>>1

本人。

続きを読む



2016年12月26日

日本維新の会、生活保護受給者のギャンブルを禁止する法案を提出

 

1: :2016/12/12(月) 18:08:32.77 ID:

維新の提出法案101本に

日本維新の会は12日、生活保護受給者のギャンブル投資を禁じる生活保護法改正案など28法案を参院に提出した。
これにより、同党が今国会で提出した法案は計101本となり、目標とした100本を超えた。
足立康史政調副会長は提出後の記者会見で「われわれの政策立案能力を証明できた」と述べた。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016121200551&g=pol
30: :2016/12/12(月) 18:17:10.95 ID:
>>1
金の使い道制限したら
なんとかの自由の侵害だよな
40: :2016/12/12(月) 18:20:55.94 ID:
>>30
うろ覚えすぎだろ
310: :2016/12/12(月) 19:37:25.75 ID:
>>30
賭博の自由?

続きを読む



【競馬】2016 第61回 有馬記念(GⅠ)レース映像 配当 関係者コメント まとめ ぶち込みギャルも!

 2016年有馬記念レース映像

勝ち馬サトノダイヤモンドの デビューから有馬記念制覇までの軌跡↓ 

 

 

JRA発表分有馬記念2016年

キタサンブラック

武豊騎手(12/21・栗東TC)

  • 前走(ジャパンC1着)について?

    (馬に跨った時に)コンディションの良さが伝わってきました。スタートがよかったので先手を取りましたが、マイペースで馬が気持ちよさそうに走っていたので、いい展開だなと思っていました。最後までしっかり走っていましたし、乗っていても「強いな」と思いました。初めて乗せていただいた頃より、明らかにパワーアップしています。

  • 中山・芝2500mについて?

    キタサンブラックにとってはいい条件だと思います。あまりコースは気にならないタイプの馬かなと思っています。

  • 最後にひとこと。

    本当に多くのファンの方々に支持されている馬なので、その馬に騎乗できるということは、一番幸せなポジションだと思っています。僕自身としても、今年この馬とコンビを組めたことが大きかったので、今年最後のレースですし、ベストを尽くして勝ちたいですね。

ゴールドアクター

中川公成調教師(12/21・美浦TC)

  • 中間の調整について?

    前走のジャパンC(4着)で馬体重が増えていた(+8kg)ので、馬体を絞ることを意識して調整してきました。今朝の追い切りでは、折り合いと仕掛けてからの反応を確認しました。まずまずの動きで、良い頃の状態に戻ってきていると思います。(優勝した)昨年の状態に近づいてきましたね。

  • 中山・芝2500mについて?

    器用な馬なので中山コースも2500mの距離も合っています。力を出せるコースだと思います。

  • 連覇がかかるが?

    そこはあまり考えないようにして、このレースで力を出せるように調整してきました。ファン投票3位の結果は非常にありがたく思っています。競馬で結果を出せるようにやってきましたので、応援よろしくお願いします。

サトノダイヤモンド

C.ルメール騎手(12/21・栗東TC)

  • 今朝の最終追い切りの動きは?

    完璧でした。先週の追い切りがちょっと強かったので、今日は楽な調教にしました。反応も良かったので、自信があります。菊花賞(1着)の時より今日の方が良かったです。馬体がすごくきれいで、状態も良くなっています。

  • 前走の菊花賞を振り返って?

    芝3000mの距離についてはわからない部分でしたが、走ったらいい感じでした。ペースが遅くて他の馬は掛かっていましたが、(サトノダイヤモンドは)うまく息を入れられたので、4コーナーの反応がとても良かったです。楽に勝ってくれましたし、スーパーホースになったと思います。

  • レースに向けて。

    乗りやすい馬なので(中山・芝2500mは)大丈夫だと思います。たくさんのスーパーホースがいますが、その中でもキタサンブラックをマークしています。(キタサンブラックは)スタミナがあって直線で止まらないと思うので、彼に近いところがベストポジションになると思います。すでにGI を勝ちましたが、有馬記念は一番大きなレースですから、もちろん勝ちたいです。頑張りますので、ファンの皆さんもレースを楽しんでください。

マリアライト

久保田貴士調教師(12/21・美浦TC)

  • 前走(エリザベス女王杯6着)を振り返って?

    昨年勝たせていただいたレースで、牝馬同士ということもあり勝ちたかったのですが、不利などがあり、ちょっと運がなかったなと思っています。

  • 中間の調整について?

    秋初戦(産経賞オールカマー5着)では、ズブさを見せていたので、前走時はその辺りを意識して、馬体を絞りつつ調整しました。この中間は、有馬記念に向けて現状をいかに維持していくかという点を主題に調整してきました。今朝の最終追い切りでは、体をよく使って伸び伸びと走っており、満足のいく仕上がりだと思っています。

  • レースに向けて?

    今年はファン投票5位と多くの方に支持していただき、それだけ皆さんの期待があることを感じながらレースに臨みます。レースに向けて良い状態で送り出して、あとはジョッキーにバトンタッチするだけなので、僕らはレースまでやれる仕事をしっかりやるだけだと思っています。マリアライトはこれが最後のレースとなりますが、皆さんの記憶に残るような良いレースをしたいと思っていますので、応援よろしくお願いします。

    引用元 JRA http://www.jra.go.jp/

ご注意

 

さらに詳細コメントはこちら。


有馬記念(2016年)レース前&レース後の関係者コメントのまとめ

https://matome.naver.jp/odai/2148222751612712201?page=2

 

 

 

50万弱の 有馬記念にぶち込み勝負したユーチューバ^- 星野るりさんの動画

 



ページトップ