テスト速報ヘッドライン

2017年04月19日

【医療革命】癌が治る時代へ。早期発見治療へ大幅進展!しかも数千円で。発見率95%!

 

 
 
癌治療は早期発見なら早期治療し ほぼ 治るとされている。


しかし。。。現在 がん検診では 一回10万以上かかるという。
 
しかも、しかもだ。見つけにくい癌のステージ0や1を発見してくれるというのだ。
 
 
それが、なんと、数千円で 検診ができる時代がまもなくやってくる。
しかも、尿一滴で。 その日のうちに検査結果が判明する時代へ。
 
 
線虫が癌を発見するという特殊な性質が
廣津崇亮(ひろつたかあき) 九州大学大学院理学研究院生物科学部門助教
東大大学院時代に線虫研究をスタート実用化は近いレベルに。
 
2013年2013年になって佐賀県の伊万里有田共立病院で外科部長をしている園田英人氏から線虫が癌発見できかも
という相談を受けたことが研究開発のきっかけに。
 
 
線虫を利用して検査をする機械を日立が開発成功。
 
今までは、一人の検査員が、一日2,3人の検査をするのがやっと。
 
それが、一台のマシンが300人分の検査をやってくれるマシンを日立が開発に成功した。
参考元
ニュースステーション報道にて
 
研究者経歴
 
尿検査での「がんの早期発見」がいよいよ現実のものとなりそうです。体長1ミリの線虫を使って尿を調べる装置が開発され、2020年の実用化を目指...
泰久「新聞を読んで興奮していたね」 弘美「だって、線虫を使うと、初期のがんがわかるって記事があったから」 泰久「線虫って、あんまりいい...
それは「線虫」という長さ1mmほどの微生物を使った尿検査。 がんの有無を95%以上の確率で発見できるという。
以前、人間の悪性腫瘍が発するニオイを嗅ぎ分けることができる「がん探知犬」が話題になりましたが、犬よりもっと頼りになる生物の研究が、...


コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 

ページトップ